会社案内

株式会社ハム工房都路のご紹介をさせていただきます。

株式会社ハム工房都路は、旧都路村(福島県)と株式会社フリーデン(本社:神奈川県平塚市)との第三セクター方式により1997年(平成9年)10月に設立いたしました。2005年(平成17年)3月の町村合併を機に田村市が継承して現在に至っています。

当時、旧都路村では村営の地域特産品加工施設の運営が大きな課題となっている中、1993年(平成5年)に当地に進出したフリーデン都路牧場が生産する良質のSPF豚(特定の病原体を持っていない豚)を地域特産品加工施設で加工販売するため、官民出資による食肉加工会社の設立を働きかけたことがそもそものきっかけです。

当初は思い描いた経営がなかなか実現できませんでしたが、徐々に「やまと豚」のブランド化が進んだことに加え、それを使用した加工品の製造努力により、ハムやウインナー、ベーコン等の製造技術の向上が実を結び、世界的に権威のあるDLG(ドイツ農業協会)食品競技会に出品した平成17年以降、連続して金賞を受賞するという輝かしい評価を得るまでに成長することができました。

残念ながら福島第一原子力発電所事故により連続金賞の受賞は途絶えましたが、当社は、これからも、そしていつまでも食の安全・安心と地産地消を旗標に、消費者の皆様に愛される、よりおいしい製品づくりを目指すことをお約束します。

本田仁一

株式会社ハム工房都路
代表取締役
本田 仁一

会社概要

会社名 株式会社ハム工房都路
代表取締役 本田 仁一(ほんだ じんいち)
所在地 〒963-4312 福島県田村市船引町船引字源次郎218番地
電話番号 0247-61-5686
資本金 1,620万円
設立年月日 平成9年10月1日
事業内容 (1)畜産物、農産物の加工および販売
(2)食料品の販売
(3)前各号に付帯する一切の事業

沿革

1997年(平成9年)10月 福島県都路村に(株)ハム工房都路設立
2005年(平成17年)3月 都路村を含む5町村が、田村市として合併
2005年(平成17年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ6品目が受賞(金賞3品目、銀賞1品目、銅賞1品目)
2006年(平成18年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ6品目が2年連続受賞(金賞6品目)
2007年(平成19年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ5品目が3年連続受賞(金賞2品目、銀賞2品目、銅賞1品目)
2008年(平成20年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ6品目が4年連続受賞(金賞3品目、銀賞1品目、銅賞2品目)
2009年(平成21年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ5品目が5年連続受賞(金賞1品目、銀賞3品目、銅賞1品目)
2010年(平成22年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ6品目が6年連続受賞(金賞4品目、銀賞2品目)
2011年(平成23年)3月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ6品目が7年連続受賞(金賞6品目)
2011年(平成23年)3月 福島第一原子力発電所事故により、田村市都路町の工場及び直売所を休業
2013年(平成25年)4月 工場及び直売所を福島県田村市船引町船引字源次郎218番地に開設(4月27日に再開)
2014年(平成26年)6月 DLG(ドイツ農業協会)食品競技会で、ハム・ソーセージ8品目が連続受賞(金賞7品目、銀賞1品目)

ハム工房都路店舗のご案内は…

ブタさんをクリック

▲ページの先頭にもどる

Copyright © ハム工房都路 All Rights Reserved.